ネキシウムとは胃腸の薬で、胃酸の過剰な分泌を抑える特徴を持つプロトンポンプ阻害薬(胃酸分泌抑制薬)の1つです。
プロトンポンプ阻害薬はH2ブロッカーよりも強い胃酸分泌抑制作用を持ち効果時間が長いという特徴があるため、逆流性食道炎や消化性潰瘍などの治療に用いられてきました。
このプロトンポンプ阻害薬の1つであるネキシウムの主成分は、エソメプラゾールというものです。
国内では4成分目となる最新のプロトンポンプ阻害薬で2011年から日本で承認されるようになりました。
他のプロトンポンプ阻害薬であるオメプラゾールと胸像関係にあり、見た目は同じであるものの立体的に見ると違った構造をしています。
オメプラゾールの場合はしばしば効果に個人差が見られていましたが、エソメプラゾールは個人差を無くしより優れた酸分泌抑制効果を発揮する点が特徴とされています。
こうした特徴から逆流性食道炎の治療を飛躍的に向上させることが期待されていました。
しかし現状では病院からネキシウムを処方されたものの、効果が見られない難治性の逆流性食道炎の患者さんが多く報告されています。
原因を考える材料として、日本消化器病学会が発表した診療ガイドラインを見ることができるでしょう。
ネキシウムのようなプロトンポンプ阻害薬が効かない時は、倍量服用することによって改善が見られる場合があると記載されている点です。
現在、日本国内で処方されているネキシウムの服用量は1日20mgまで服用期間は8週間までとされています。
ネキシウムの販売元であるアストラゼネカ社はこの服用量を1日40mgという用量にするべく厚生労働省に追加申請を出しており、今後の展開が見守られているところでもあります。