ネキシウムという薬は、主に逆流性食道炎や非びらん性胃食道逆流症、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍などに効果があると言われています。
これは臨床試験を行った結果、その疾患への効果が認められたことを意味しているのですが、国から正式に処方が承認された疾患となっています。
ちなみに、ネキシウムはまだ新しい薬であるため、難治性逆流性食道炎など効果を確認している最中の疾患もあります。
ネキシウムを服用するという場合、症状別の服用方法をしっかりとチェックしておくことが大切です。
まず逆流性食道炎では1日1回20mgを服用することになるのですが、原則として8週間までを服用期間としています。
ちなみに、再発や再燃を繰り返すという場合、維持療法として1日1回10mg~20mgを服用しましょう。
非びらん性逆流性食道炎の場合、1日1回10mgを服用して、服用期間は原則として4週間までとなっています。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍などの場合、1日1回20mgを服用することになります。
服用期間については、胃潰瘍や吻合部潰瘍の場合は8週間まで、十二指腸潰瘍の場合は6週間までとしています。
ちなみに、非ステロイド性抗炎症薬や低用量アスピリンを服用した場合、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の再発を抑制するために1日1回20mgを服用します。
また、1日1回20mgを服用することにより、ピロリ菌の除菌補助効果も期待できると言われています。
ネキシウムの症状別の服用方法について詳しく知りたいという場合、インターネットで調べてみると良いでしょう。
「ネキシウム 症状別 服用方法」などといったキーワードで検索することにより、さまざまな情報が手に入ります。